家具のリメイクに欠かせないアニースローンのチョークペイントは、簡単&綺麗にヴィンテージ風加工が出来るペンキです。黒板塗料ではないのですが、マットな仕上がりの塗装面には黒板のように文字を書くことも出来ます。アニースローンのチョークペイントとワックス

数年前にリメイクしたこのキャビネットは、下準備無しで色を塗り、角にやすりをかけた後にワックスを塗っただけ。やすりをかけても、普通のペンキだと膜状にペロリと剥がれてしまうのですが、チョークペイントは仕上がりがとっても綺麗。アニースローンのチョークペイントを使ったキャビネットのDIY

ただ、欲しい色が無いこともあるので、そんな時は普通のペンキで作ります。色々な作り方がありますが、材料が手に入りやすい自家製マットチョークペイントのレシピと作り方をご紹介♪普通のペンキで作る自家製マットチョークペイントのレシピ

::材料:: 普通のペンキ、砂が含まれていないタイプのタイル目地材、水タイル目地材と普通のペンキを使ったマットチョークペイントの作り方

作り方は簡単!3つの材料を混ぜていくだけです。自家製マットチョークペイントのレシピと作り方.タイル目地材大さじ1と水大さじ2を混ぜます。タイル目地材はふるいにかけておくと、仕上がりがより綺麗です。2.ペンキ2分の1カップを足して、更によく混ぜ合わせて出来上がり!

普通のペンキをマットなチョークペイントにする方法作ったマットチョークペイントはその日のうちに使い切るのがお勧めです。密封容器に入れて数日間保存が出来ますが、時間が経つとタイル目地材がダマになってきます。家具に使う場合は、ペイントが乾いた後お好みでやすり等でヴィンテージ風の加工をして、最後に家具用ワックスを塗って仕上げてください。

自家製マットチョークペイントを使って作ったデコレーションはこちら → ホワイトハロウィン(本、パンプキン) ・ アンティーク風ガラス瓶ラベル(白い瓶) ・ 水彩カラーパンプキン

Styled and photographed by Kiko

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Comment *